セラミック矯正は装置を装着しない

セラミック矯正は装置を装着しない

歯を削ったり、場合によっては神経の処置が必要となりましましたりするので、その際に痛みが出ることがあるのです。さらに、セラミック矯正は装置を装着しなくていいので、装置による違和感はないです。ワイヤー矯正の装置は取り外しできず、違和感が強く出ることがあげられます。マウスピース矯正は、取り外し可能ということで違和感は出にくいですけど、長時間装着してないと矯正力が発揮されない。セラミック矯正は矯正力をもたらすことにより起こる持続的な歯の痛みは出てこない。セラミック矯正は矯正力を利用した治療ではないため、治療期間が数か月〜半年と短いです。ワイヤー矯正だと通常2〜3年必要です。マウスピース矯正はワイヤー矯正より短い期間で終わるケースが多くなったのではが、1年程度はかかります。ワイヤー矯正やマウスピース矯正は後戻りが起こるため、治療終了後も保定装置の装着が必要です。セラミック矯正は後戻りがないため、保定期間もありません。すべての矯正治療は、矯正力を用いて治療します。矯正力とは、歯を動かしたり、成長を誘導したりやるめの矯正装置が発する外的な力のことなのです。ですから、矯正治療は治療期間がかかります。

トップへ戻る